利息の計算方法と実例

利息の計算方法と実例

お金を借りる際に必ず影響してくるのが金利と、それによって計算される利息です。特に返済する時にこれらを知っておかないと、最悪の場合返済が滞ってしまう可能性があります。そこで、金利と利息の関係や簡単な計算方法の例などを理解しておき、より安全にお金を借りられるようにしましょう。

そもそも、なぜ金利や利息というものが存在しているのかといえば、それはお金を貸してくれる銀行や消費者金融などの金融機関も経営を成り立たせるために、利益が必要になるからです。

つまり、利息はお金を貸す際のレンタル料のようなものであり、これを利益として経営を成り立たせています。具体的な計算方法の例で理解するために元本が1万円、金利が年利5%で一年間借り入れたと仮定します。利息は元本に利率を掛け合わせて算出されるので、1万円に5%を掛け合わせて500円となります。

ここで、借り入れたのが半年だとどうなるかといえば、計算は月割り計算で行われるため6ヶ月分となり、支払うべき金額は先程の半分の250円となります。

したがって、元本や金利の利率、借り入れた期間が長ければ長いほど、支払うべき金額は大きくなるということも理解できます。このような基礎をしっかりと理解して、返済計画を立てるようにしましょう。

全体人気記事

  1. 豆知識
  2. お悩み相談
  3. 豆知識
  4. 豆知識
  5. お悩み相談
  6. お悩み相談
  7. 用語集
  8. 用語集
  9. お悩み相談
  10. お悩み相談

特集記事

  1. 低金利での借り入れのメリット
  2. カードローンのルールについて
  3. 無利息キャンペーンはどこの会社があるの?
  4. 即日融資のメリット
PAGE TOP