カードローンの代位弁済とは?

豆知識

カードローンの代位弁済というのは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。大手の消費者金融のカードローンの場合、保証会社はついていないケースが多いので、代位弁済がされることはありません。
銀行カードローンの場合には、信販会社もしくは消費者金融が保証会社となっています。
銀行カードローンの返済を3ヶ月以上滞納すると、保証会社が銀行に対して代位弁済をします。
代位弁済とは、債務者の代わりに保証会社が一括でローンの残高を支払うことを言います。
代位弁済がされたら、債務者は銀行に対して返済をする義務はなくなりますが、借金がゼロになるわけではありません。その後は、代位弁済をした保証会社に対して返済をしていく義務が発生します。

また、もう1つ注意をしなければならないのが、いわゆるブラックリストにのってしまうということです。代位弁済がされたら、その記録が信用情報に残ってしまうので、金融機関からの信用を大きく落とすことになります。
基本的には、1回や2回延滞をしただけでは、代位弁済がされることはありません。
3ヶ月以上滞納が続いたら、返済困難であるとみなされて、代位弁済をされてしまう可能性が高くなるので注意をしておきましょう。

全体人気記事

  1. 豆知識
  2. お悩み相談
  3. 豆知識
  4. お悩み相談
  5. 用語集
  6. 用語集
  7. 用語集
  8. 豆知識
  9. 豆知識
  10. 用語集

特集記事

  1. はじめてのキャッシングの注意点
  2. 消費者金融とは?
  3. 無利息キャンペーンはどこの会社があるの?
  4. カードローンを使ってキャッシングするメリット
PAGE TOP