多重申込みに注意する

豆知識

カードローンの申込みを複数の金融機関で行う多重申込みは、審査で落とされる原因になるので注意します。申込んでもなかなか審査に通らずお金を借りられない人は、審査が緩い金融機関を求めて何社も申込みを行いがちです。

多重申込みをしていて全て審査に落ちている場合、属性や過去の事故情報などが不適切なことが多いです。金融機関では個人信用情報として多重申込みの有無を知ることができます。カードローンは信用が第一なので、何社もの審査に落ちていることが分かれば自分たちも審査を通さない方が良いと考えてしまいます。

事故情報がなくても問題のある客というイメージを持たれてしまい不利です。反対にたくさん申し込んで全て審査に通っている場合、年収が高いなどスコアの高い属性を持っていることが分かりますが与信枠が限界の可能性があります。

信用を与える余裕がないので、審査に通りません。多くのカードローンを持っていれば大金を借りることができ、そのまま自己破産するリスクも金融機関から敬遠されやすいです。

申込み状況は6ヶ月間は個人信用情報に残っています。短期間に何社も申込みをすると良いイメージを与えないので、半年に1社くらいのペースで申し込むと良いです。

全体人気記事

  1. 豆知識
  2. お悩み相談
  3. 用語集
  4. お悩み相談
  5. 用語集
  6. お悩み相談
  7. 用語集
  8. 用語集
  9. 用語集
  10. 豆知識

特集記事

  1. 消費者金融とは?
  2. カードローンの基礎知識
  3. 低金利での借り入れのメリット
  4. カードローンを使ってキャッシングするメリット
PAGE TOP