新生銀行レイクのカードローンの特徴

新生銀行レイク

カードローンはローンカードまたは銀行などのキャッシュカードを使ってATMやCDといった機械からお金を直接借りることができます。
仕組みとしては事前の審査で信用力を調査して返済に問題がなければ利用限度額を設定し、その範囲内であれば自由に借り入れができるというものです。
カードローンは利便性が高いローン商品ですが、他のローン商品に比べて金利が高めに設定されています。新生銀行レイクはそのカードローンのひとつです。

新生銀行レイクカードローンの特徴としては、2つの無利息期間と、提携ATMの手数料が無料というところです。新生銀行レイクカードローンは、新生銀行が提供していますが、実際には大手消費者金融のレイクの後身である新生フィナンシャルが保証人となっています。
また申し込みチャンネルもレイク時代のままです。
このためインターネットからの申し込みも新生銀行ではなくレイク専用のホームページから行うことになります。また金利に関しても消費者金融並みと高めに設定されています。

特徴あるメリットとしては初回利用限定ですが、選べる無利息期間で30日間無利息と180日間5万円分無利息を選ぶことができます。
特に5万円とはいえ180日間もの長期間の借り入れが出来るのはレイクだけです。
また借り入れや返済を行う場合にはレイクのATMを利用するほか提携ATMを利用して行いますが、新生銀行では自前でATMを有しておらず、提携ATMを利用して取引を行うので手数料無料で利用できますが、レイクも同様に手数料無料で提携ATMを利用することができます。また自動契約機を利用すれば審査に通れば、カード発行まで最短40分と短くすぐにATMから借り入れができますし銀行振込での融資も可能です。

一方でデメリットとしては、金利が4.5%から18.0%と高めです。これは消費者金融と同じ金利設定ですから、銀行のカードローンとして見れば金利が高いといえます。
ただ他の銀行でも消費者金融や保証会社を保証人として融資しているカードローンも登場しており、それらから見れば同じ金利水準であり、飛び抜けて高いというわけではありません。
また金利が高いぶんだけ審査に通りやすいといったメリットがあります。
このほか銀行カードローンでは専業主婦でも利用可能なものがありますが、新生銀行レイクは専業主婦は利用できないといったことがあります。

新生銀行レイク

銀行や消費者金融が提供しているローンサービスのひとつにカードローンがあります。カードローンはローンカードまたは銀行などのキャッシュカードを使ってATMやCDといった機械からお金を直接借りることができます。仕組みとしては事前の審査で信用力を調査して返済に問題がなければ利用限度額を設定し、その範囲内であれば自由に借り入れができるというものです。カードローンは利便性が高いローン商品ですが、他のローン商品に比べて金利が高めに設定されています。新生銀行レイクはそのカードローンのひとつです。

審査時間最短即日
融資時間即日融資可能
実質年率4.5% ~ 18.0%
返済方式残高スライドリボルビング方式 
元利定額リボルビング方式
借入限度額500万円
収入証明書契約額に応じて、当行が必要とする場合
パート・アルバイトOK

全体人気記事

  1. 豆知識
  2. お悩み相談
  3. 豆知識
  4. お悩み相談
  5. 用語集
  6. お悩み相談
  7. 用語集
  8. お悩み相談
  9. 豆知識
  10. 用語集

特集記事

  1. 低金利での借り入れのメリット
  2. 借り換えで注意すべきポイント
  3. 銀行以外で借りる方法
  4. カードローンを使ってキャッシングするメリット
PAGE TOP