商品の宣伝広告費は一般的にどれくらいかかるの?

お悩み相談

一般的に宣伝広告費は、売り上げの5%から10%が相場です。
つまり、商品の売り上げの1割程度が、宣伝のために使われているということになります。

しかし、売り上げに占める宣伝広告費の割合は、業種によって違います。
たとえば通販やサービス業の場合、相場より高く15%から20%です。
逆に流通業では、売り上げの1%から3%と言われています。
同じ宣伝広告費でも、業種によってこれだけの差があるのです。
業種によってこれだけの差がある理由は、ビジネスのターゲット層に違いがあるからです。

通販やサービス業の場合、ターゲットとなるのは一般の消費者になります。
そのため、自社の商品やサービスを売り込むために、テレビなどコストの高い宣伝活動も積極的に行い、知名度を上げなければいけません。
ですから、売り上げに占める割合が増え、2割程度を占めることになります。
反対に流通業は、主なターゲット層は企業になります。
企業に対する宣伝活動では、コストの高い方法を選ぶ必要はありません。
少ない宣伝広告費で商品やサービスを売り込めるので、割合が小さくなっています。
商品を売り込むときに使われる宣伝広告費は、こうした理由から業種によって違いがあります。

全体人気記事

  1. 豆知識
  2. 用語集
  3. 用語集
  4. 用語集
  5. 用語集
  6. 用語集
  7. 用語集
  8. 豆知識
  9. 用語集
  10. お悩み相談

特集記事

  1. カードローンのルールについて
  2. はじめてのキャッシングの注意点
  3. 消費者金融とは?
  4. カードローンを使ってキャッシングするメリット
PAGE TOP